1973~1980 Intuition

Intuition 現代的な響きのカナダ盤を聴く

投稿日:2019年2月19日 更新日:

インチュイション(紙ジャケット仕様)
LP:F-9475 (FANTSY)[CAN]
好み ★★★★★★

Recorded at Fantasy Studios,Berkaley,Ca..11.7-10.1974

Bill Evans,piano
Eddie Gomez,bass
Rerecording engineer:Don Cody
Produced by Helen Keane

SIDE1
1.Invitation
2.Blue Serge
3.Show-Type Tune
4.The Nature of Things

SIDE2
1.Are You All The Things
2.A Face Without a Name
3.Falling Grace
4.Hi Lili,Hi Lo(For Ellaine)

内袋に
©1986 Fantasy Inc. Printed in Canada
1986年にプレスされたカナダ盤です。
OJC(Original Jazz Classics)設立が1983年なので、この盤はOJC設立後ですが型番にOJCの表記はありません。

音に雑味が無くなりました。響きがナチュラル。力不足も解消。これはとても現代的。
色々聴いた『Intution』のなかでも、これは音の良さで楽しめる。

この作品、電子ピアノのせいで人気薄ですが、エヴァンス本人は気持ちを込めた演奏です。決して手を抜かない。
作品としてもよく練られている。A-1のピアノ演奏、B-4のピアノ演奏、起承転結をよく考えています。
この作品の後味の良さはエヴァンスとヘレン・キーンの勝利。

-1973~1980, Intuition
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.