1973~1980 Quintessence

Quintessence エヴァンス没後の再発日本盤で聴く

投稿日:2019年3月22日 更新日:


LP:VIJ-4017(FANTASY)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at Fantasy Studios,Berkeley ;May.1976

Bill Evans,piano
Harold Land,tener sax
Kenny Burrell,guitar
Ray Brown,bass
Philly Joe Jones,drums
Rerecording engineer:Phil Kaffel
Mastering,David Turner
Produced by Helen Keane

SIDE1
1.Sweet Dulcinea
2.Martina
3.Second Time Around

SIDE2
1.A Child is Born
2.Bass Face


エヴァンス没後の1982年に再発された日本盤。
FANTASY特有の乾いたピアノの音。特に高音はキンキン鳴る。でも、録音状態が良いのか再発盤ですが音の鮮度は良い。1977年盤と比較してもそれほど差はありません。

「Second Time Around」はピアノ・トリオですがレイ・ブラウンのベースが弾けていて、エディ・ゴメスとは違う味付けがエヴァンス・トリオに加わり、楽しい。
でもフェード・アウトが残念。最後まで聴きたかった。

全体を聴き通していつも思うこと。
無難なクインテット演奏では面白くないんです。もっと個性のぶつかり合いが聴きたい。パワーのある演奏を聴きたかった・・・

-1973~1980, Quintessence
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.