1973~1980 You Must Believe In Spring

You Must Believe In Spring 米国盤は本当に音が悪いのか

投稿日:2020年2月10日 更新日:


LP:HS-3504(WARNER BROS,)[USA]
好み ★★★★★★★★★★
Recorded at Capitol Studios,Hollywood,CA,Aug.23,24,25,1977

BILL EVANS,piano
EDDIE GOMEZ,bass
ELIOT ZIGMUND,drums
Produced by Helen Keane and Tommy Lipuma
Recording and Remix Engineer,Al Schmitt
Additional Remix Engineer,Frank Laico
The Mastering Lab by Doug Sax

SIDE1
1.B Minor Waltz (For Ellaine)
2.You Must Believe in Spring
3.Gary's Theme
4.We Will Meet Again (For Harry)

SIDE2
1.The Peacocks
2.Sometime Ago
3.Theme From M-A-S-H(aka Suicide Is Painless)


またまた米国盤です。RUN-OFFの刻印
Side1 HS-1-3504-WA7 WM 38354-A TML-X #3 SM#1 #4 EDP PM1SF1SM3
Side2 HS-2-3504-WA6 WM 38354-B TML-S #1 MO#3 A021335

RUN-OFFのWMの刻印はなに?
Wakefield Mfg.Inc ウェイクフィールド・マニュファクチュアリング会社
Sidney J. Wakefieldが運営する米国のプレス工場・マスタリング工房。メッキ技術が優秀でジャズやクラシック作品を多く手掛けていたようです。

ところで今回のWA7/WA6盤は前回のWA8/WA6盤とレーベルデザインが違うのが判りますか。

前回のWA8/WA6盤


今回のWA7/WA6盤

前回盤:
リムに表示あり
Warner Bros.Records Inc. - 3300 Warner Boulevank Burbank. California 91510 - Made in U.S.A.
レーベル面に薄い横罫線あり

今回盤:
リムに表示なし
罫線がなく、透かしのようなレーベルロゴが6個あり

Warnerは1986年?にレーベルデザインを「リムなしデザイン」に変更したようです。であれば今回のWA7/WA6盤はレイト・プレス盤。

先入観をもって聴くからか、WA7/WA6盤は少々金属的な響きがある。マスタリングが「TML-X」の影響もあるのかな。特にA-2「You Must Believe in Spring」、ベース・ソロがエレクトリック・ベースみたい。うーん、これは好みが分かれる。

-1973~1980, You Must Believe In Spring
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.