1943~1964 Waltz For Debby Monica Zetterlund

Waltz For Debby / Monica Zetterlund Bill Evans モニカに思いを馳せながら聴く

投稿日:2020年1月21日 更新日:


LP:RJ-5119(PHILIPS)[JPN]
好み ★★★★★★★

Recorded at Ormond Beach,Florida;March 14.1964

MONICA ZETTERLUND,vocal
BILL EVANS,piano
CHUCK ISLAELS,bass
LARRY BUNKER,drums

SIDE1
1.Come Rain or Come Shine
2.Jag Vet en Dejlig Rosa
3.Once Upon a Summertime
4.So Long Big Time
5.Monicas Vals

SIDE2
1.Lucky To Be Me
2.Vindarna Sucka
3.It Could Happen To You
4.Some Other Time
5.On Natten

スイングジャーナル誌によると「モニカのワルツ」アナログ日本盤は2種類でした。
1974年 RJ-5119 日本フォノグラム
1981年 25PJ-34 日本フォノグラム
今回は日本最初の1974年盤。

Side1 〄Ⓑ PYM4027Ⓢ K 111 + OBD D
Side2 PYM4028Ⓢ 121 +

エヴァンス・レギュラー・トリオ+モニカ。モニカ中央、ピアノ中央、ドラム左、ベース右。多少エコーが効いてい深みのある録音。良いです。
エヴァンス楽しそうです。エヴァンスの高揚感が伝わってきます。「Lucky To Be Me」「Some Other Time」「Waltz For Debby」トニー・ベネット(Tony Bennett)とも歌伴演奏していますがこちらのほうが力が抜けて好み。
モニカも声が若い。英語、スウェーデン語で歌う。豪快に歌いまくるのではなく適度に感情を抑えた歌唱が素晴らしい。 結果的にバラードの名演がそろった。なかでも一番は「Monicas Vals(モニカのワルツ:Waltz For Debby)」!

モニカについてネットで調べてみました。
1937年9月20日スウェーデン生まれ。エヴァンスより8歳も年下。女優兼歌手。
1964年「Waltz For Debby」収録時、モニカは26歳、エヴァンス34歳。
2005年5月12日没、享年67歳。タバコによる火事が原因で死去とのこと。

ところで、女優兼歌手ってアルバムいくつか出しているので「歌手」は判りますが、「女優」ってどんな作品に出ているんだ?
ネットで検索すると色々出てきました。でもスウェーデン語の映画を字幕なしで見るのはちょっとツライ。そこで日本発売作品を調べ直してみると
1966年「夜のたわむれ(Night Games 原題: Nattlek)」
1971年「移民者たち(The Emigrants 原題: Utvandrarna)」
1974年「サッカー小僧(The Butt 原題: Fimpen)」

DVDがあるのは「サッカー小僧」!

見たい!
タイトルに引いちゃうところあるし、モニカのイメージと合わないけど、我慢する!

1974年制作のスウェーデン映画。
若干6歳サッカー少年ヨーハンがスウェーデンのクラブチームに誘われて、
活躍するうちにスウェーデン代表チーム!に招集。
W杯予選でも大活躍してチームのエースに。
でも、悩みがあるんです。
サッカーで忙しくて学校では居眠りばかり。
勉強がおろそかになって読み書きもおぼつかない。
自分の名前も書けない・・・
疲れがたまって、サッカーも精彩を欠くようになって、
ついに代表辞退を決意。
最後に出場したW杯予選で得点を奪って
代表はW杯出場決定。
ヨーハンも学校に戻ったのでした・・・
正直言うとサッカーの試合の場面はもう少し臨場感が欲しかったけど
サッカー大好き人間には楽しめる内容です。
で、
お楽しみはもう一つ。学校の先生が・・・モニカ・セッテルンド(Monica Zetterlund)!!!! 学校で勉強したいヨーハンを支える重要な役。
いいですねえ、やっぱり女優だったんですね。表情の作り方や仕草に余裕があってとっても素敵です。
作品としては100点満点の出来ではないですが、いいんです。
女優モニカに会えたから。

-1943~1964, Waltz For Debby Monica Zetterlund
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.