1943~1964 Waltz For Debby Monica Zetterlund

Waltz For Debby / Monica Zetterlund Bill Evans モニカに思いを馳せながら聴く(その2)

投稿日:


LP:25PJ-34(PHILIPS)[JPN]
好み ★★★★★★★

Recorded at Ormond Beach,Florida;March 14.1964

MONICA ZETTERLUND,vocal
BILL EVANS,piano
CHUCK ISLAELS,bass
LARRY BUNKER,drums

SIDE1
1.Come Rain or Come Shine
2.Jag Vet en Dejlig Rosa
3.Once Upon a Summertime
4.So Long Big Time
5.Monicas Vals

SIDE2
1.Lucky To Be Me
2.Vindarna Sucka
3.It Could Happen To You
4.Some Other Time
5.On Natten

スイングジャーナル誌によるとアナログ日本盤は2種類。
1974年 RJ-5119 日本フォノグラム
1981年 25PJ-34 日本フォノグラム
今回は1981年盤。


Side1 〄 Ⓑ 6362081A 121 ∔ 11 V
Side2 6362081B 111 ∔ 

〄:JIS規格
Ⓑ:JISの部門記号「一般機械」、JIS規格に準拠したプレス機械製品を示す?
V:ビクター音楽産業への製造委託盤を示す。盤を光にかざすとオレンジ色に透き通る。

モニカ中央、エヴァンス中央やや奥、イスラエルズ右 バンカー左。
とても生々しい音です。録音優秀。
ミディアムテンポ中心の選曲、モニカのちょいと甘えた声にフィット。エヴァンス歌伴だったら、トニー・ベネットよりモニカ。肩の力が抜けたエヴァンスが楽しめます。 

ライナーノーツに面白い記事が。
1965年頃、東京の国際映画祭にスウェーデン代表で参加するためにモニカ・セッテルンドが来日! モニカは1枚のアルバムを植草甚一氏に贈呈。それがこの「Waltz For Debby / Monica Zetterlund Bill Evans」! 当時日本ではPHILIPS原盤は入手困難だったので、多くのファンから日本発売の声が上がっていました。9年後の1974年、米国でも未発売だった本作品の日本発売が、やっと実現したのでした。

-1943~1964, Waltz For Debby Monica Zetterlund
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.