1943~1964 Waltz For Debby

Waltz For Debby 日本盤CDのお薦めはこれだ!

投稿日:2020年9月20日 更新日:


CD:UCGO-9014(RIVERSIDE)[JPN]
好み ★★★★★★★★★★

Recorded Live at The Village Vanguard;New York;6.25.1961

BILL EVANS,piano
SCOTT LaFARO,bass
PAUL MOTIAN,drums

Produced by ORRIN KEEPNEWS
Recording Engineer,DAVE JONES

1.My Foolish Heart
2.Waltz For Debby
3.Detour Ahead
4.My Romance
5.Some Other Time
6.Milestones

2010 Remastered by Paul Stubblebine
SA-CD SMH仕様の日本盤CD。
米国コンコード社でオリジナル・アナログ・テープより変換された2010年192kHz/24bitリマスターを基にしたDSDマスターを使用しています。


ジャケットがめちゃくちゃオシャレです。
おまけはありません。

「比較的入手しやすい中古の日本盤CDのお薦めはどれ?」 と聞かれれば、
「ビクター音楽産業1986年発売のVDJ-1536」と答えます。
音揺れがなく、エヴァンス、ラファロが中央寄りなのでお客の雑音が消されて、音楽に没頭できます。
VDJ-1536は意外と図書館にあります。名盤を図書館で揃えたときに購入したものと思われます。
VDJ-1536でなくても、たぶんビクター1991年発売VICJ-23157も同系列。

「ほかにお薦めは?」
「ユニバーサル2011年のUCGO-9014」こいつです。

音揺れありです。気になる人は気になると思いますが、音質は抜群!
音がフレッシュ! みずみずしい! 音色や響きの鮮度に差が出る、異次元のクオリティ。
あれ? オビの惹句そのものでした。

 「My Foolish Heart」タッターンでした。曲間フェードアウトです。
エヴァンス右、ラファロ左、モチアン左。中央に大きな空間があります。
これは1992年CAPJ-009ゴールドCDと同じ音場。ステージ間近か。
ピアノの音の立ち上がりはまろやか。ラファロも極端に前には出てきません。シンバルは抑え気味。ピアノ中心にバランスを取っている。
いいんじゃないですか。
おまけもなく、全6曲。集中して聴くことができます。
日本人好み。

それにしてもデビーのCDは種類豊富で楽しめる。

-1943~1964, Waltz For Debby
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.