1943~1964 エヴァンス作品

New Jazz Conceptions 日本初登場盤で聴く

投稿日:2018年2月12日 更新日:

NEW JAZZ CONCEPTIONS

LP:MW-2017(RIVERSIDE)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at NYC;9.18 and 27.1956

BILL EVANS,piano
PAUL MOTIAN,drums
TEDDY KOTICK,bass

Produced by ORRIN KEEPNEWS,BILL GRAUER
Engineer,JACK HIGGINS

SIDE1
1.I Love You
2.Five
3.I Got It Bad and That Ain't Good
4.Conception
5.Easy Living
6.Displacement

SIDE2
1.Speak Low
2.Waltz for Debby
3.Our Delight
4,My Romance
5.No Cover,No Minimum

日本初登場盤です。
日本グラモフォン株式会社から1971年に発売(昔のスイングジャーナル誌をひっくり返して調べました)。
米国盤は1956年なので遅れること5年。
「サンディ」や「デビー」がほぼリアルタイムだったのに、こいつと「ディグズ」は何故かタイミングを逸してしまい不遇でした。

でも、
この日本盤は絵画バージョン、かつ見開きゲートフォールド・ジャケット!
厚紙仕様で作りもガッシリ。
日本盤、やるなあ。
モノラルでした。

さあOJC盤と日本初登場盤の音質対決じゃ。
OJC盤は1982年、こいつは1971年。年令では日本盤が優勢。
OJC盤で気になったテープのたわみ(一瞬音質が変化)は日本盤では皆無。
さすが世代が若い。
ただ、日本盤、少々モコモコした音です。ベースがズンズン響きます。
一方OJC盤はキレがあります。

ですが、

私的には記念すべき日本初登場盤のほうが満足度高いです!

-1943~1964, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.