1943~1964 エヴァンス作品

Moonbeams いつものようにペラジャケから

投稿日:2018年3月15日 更新日:

ムーンビームス(XRCD/紙ジャケット仕様)
LP:SR-7032(RIVERSIDE)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at New York;5.29/6.5.1962

BILL EVANS,piano
CHUCK ISRAELS,base
PAUL MOTIAN,drums

Produced by ORRIN KEEPNEWS
Engineer,BILL SCHWARTAU

Side1
1.Re: Person I Knew
2.Polka Dots And Moonbeams
3.I Fall In Love Too Easily
4.Stairway To The Stars

Side2
1.If You Could See Me Now
2.It Might As Well Be Spring
3.In Love In Vain
4.Very Early

ベースがラファロからチャック・イスラエルに交代。
「Moonbeams」アナログ国内盤のすべて(スイングジャーナル誌を参考にしています)

1964年 SR-7032 日本ビクター
1970年 RS-3001 日本グラモフォン
1977年 SMJ-6175 ビクター音楽産業
1983年 SMJ-6320 ビクター音楽産業
1984年 VIJ-130 ビクター音楽産業

今日は1964年 SR-7032 日本ビクター ペラジャケです。

Made and sold by FONTANA RECORDS under right from INTERDISC S.A.
フォンタナ原盤です。

Run-off の刻印は 「RLP-12-9428」 RIVERSIDEオリジナル準拠でした。
レーベル面には「MANUFACTURED BY VICTOR COMPANY OF JAPAN LTD.YOKOHAMA-JAPAN」の表示、日本で製造された盤です。

では聴いてみましょう。
エヴァンス中央、モチアン中央やや左、イスラエル右。
おやおや、この配置、違和感があります。ラファロはいつも左側だったのに。

音は生々しいです。
ビアノはこもった感じはなく、特に高音が伸びる。明るい音色。
ドラムもリアル。特にブラシ、目の前で叩いているみたい。
ベースは低音がブーンと響きます。そのせいか重心が下がって落ち着いた演奏。

バラードばかりを集めた作品。エヴァンスのリリシズムが好みの人にお薦め。
新トリオの最初の作品ということで、冒険がないというか手堅くまとめた印象です。

-1943~1964, エヴァンス作品
-,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.