1943~1964 エヴァンス作品

Moon Beams MILESTONE準拠盤で聴く

投稿日:2018年10月16日 更新日:

ムーンビームス
LP:SMJ-6175(RIVERSIDE)[JPN]
好み ★★★★★★★

Recorded at New York;5.29/6.5.1962

BILL EVANS,piano
CHUCK ISRAELS,base
PAUL MOTIAN,drums

Produced by ORRIN KEEPNEWS
Engineer,BILL SCHWARTAU

Side1
1.Re: Person I Knew
2.Polka Dots And Moonbeams
3.I Fall In Love Too Easily
4.Stairway To The Stars

Side2
1.If You Could See Me Now
2.It Might As Well Be Spring
3.In Love In Vain
4.Very Early

「~MILESTONE準拠盤で聴く」シリーズ
今日は「Moon Beams」

最初に米国盤。
47046 The Second Trio [1978] ・・・「Moonbeams」「How My Heart Sings!」

Side1
1.How My Heart Sings(How My Heart Sings! A1)
2.Summertime(How My Heart Sings! B1)
3.If You Could See Me Now(Moonbeams B1)
4.Walking Up(How My Heart Sings! A4)

Side2
1.Very Early(Moonbeams B4)
2.Show-Type Tune(How My Heart Sings! B4)
3.Re: Person I Knew(Moonbeams A1)
4.34 Skidoo(How My Heart Sings! B2)

Side3
1.Polka Dots And Moonbeams(Moonbeams A2)
2.I Should Care(How My Heart Sings! A2)
3.I Fall In Love Too Easily(Moonbeams A3)
4.Ev'rything I Love(How My Heart Sings! B3)

Side4
1.In Love In Vain(Moonbeams B3)
2.Stairway To The Stars(Moonbeams A4)
3.In Your Own Sweet Way(How My Heart Sings! A3)
4.It Might As Well Be Spring(Moonbeams B2)

「Moonbeams」と「How My Heart Sings!」をランダムにシャッフル。
元々同じセッションなので曲毎の音質の差はありません。

エヴァンス中央、イスラエルズやや右、モチアン中央やや奥
いやあ、ベースが伸びますなぁ。ズシリと響きます。
ビアノにエコーが殆どかかっていないので、狭い音場に音の塊が飛んできます。
至近距離からエネルギー放射、なんともジャズらしい音の構築。

Re-mastered,1977,by David Turner(Fantasy Studios,Berkeley)
1977年のリマスターでした。

続いて日本盤 SMJ-6175 1978年発売。

リムの表示
MADE IN JAPAN BY VICTOR MUSICAL INDUSTRIES,INC.FROM A MASTER RECORDING OWNERD BY LOCELE RECORD COMPANY

RUN-OFF
Side1 〄Ⓑ RLP 129428AⓈ Ⓓ112+R 1
Side2 RLP 129428B 111 *+

エヴァンス中央、イスラエルズやや右、モチアン中央やや奥
米国盤と同じです。
ベースが伸びるので重心が下がります。
若干、日本盤のほうが音が籠る。鮮度が良いのは米国盤か。

傑作連発だったラファロ、モチアンとのトリオが解体され、
イスラエルズが参加。人気薄の作品ですが、じっくり聴いてみるとこれも名盤。

この時期までのエヴァンスには”深み”があります。
ヴァーヴ期になるとより力強さを求めた演奏に変化。
特に「ムーン・ビームス」はミディアム・テンポの曲ばかり集めたので、落ち着いた雰囲気。

何故「デビー」ばかりに人気が集まるのでしょうか。
確かにラファロの才気走った楽しいベースラインに比べるとイスラエルズは手堅い。
ラファロが抜けた分だけエヴァンスが前に出て、エヴァンス色の濃い演奏。
でも奥に流れる”表現したいもの”は「デビー」と共通していると思うんです。
和音の置き方であったり、メロディの区切り方であったり、アプローチが近い。
エヴァンス病患者にとってはそこが楽しいし、嬉しい。

-1943~1964, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.