1973~1980 You Must Believe In Spring

You Must Believe In Spring 米国東部プレスの米国盤でTommy Lipuma & Al Schmittを味わう

投稿日:2020年2月9日 更新日:


LP:HS-3504(WARNER BROS,)[USA]
好み ★★★★★★★★★★
Recorded at Capitol Studios,Hollywood,CA,Aug.23,24,25,1977

BILL EVANS,piano
EDDIE GOMEZ,bass
ELIOT ZIGMUND,drums
Produced by Helen Keane and Tommy Lipuma
Recording and Remix Engineer,Al Schmitt
Additional Remix Engineer,Frank Laico
The Mastering Lab by Doug Sax

SIDE1
1.B Minor Waltz (For Ellaine)
2.You Must Believe in Spring
3.Gary's Theme
4.We Will Meet Again (For Harry)

SIDE2
1.The Peacocks
2.Sometime Ago
3.Theme From M-A-S-H(aka Suicide Is Painless)


米国盤です。RUN-OFFの刻印
Side1 HS-1-3504-E1 A 38354-E TML-M SM#1 #4 EDP PM1SF1SM3
Side2 HS-2-3504-E2 B 38354-E TML-M SM#1 #6 EDP PM1SF1SM3

EDP:

Europadisk Plating Coの略
1977年 Jim SheltonとChristian Lachがニューヨークにて設立。当初はレコードプレス業界にサービスを提供する専門のメッキ加工会社でした
1981年 レコード・プレスも開始
こいつはEuropadiskによる東部プレス盤でした。

前回の西部WA8/WA6と今回の東部E1/E2の聴き比べ。東西対抗戦じゃ。
ほとんど差はありません。目立った差は無いのですが、今回のE1/E2のほうが若干音が硬い。その分だけメリハリが効いて音が刺さる。これは好みが分かれそう。西部はわずかにエコーが深く音が染み込む。

ところでこの作品のプロデューサーはトミー・リピューマ(Tommy Lipuma)、独特のセンスを持つプロデューサーで、ジャズ・ギタリストだったジョージ・ベンソン(George Benson)をAOR/ブラコン・シンガーに仕立て上げた人物。Recording Engineerのアル・シュミット(Al Schmitt)とのコンビで多数の名作を世に送り出した。

George Benson 「Breezin'」
Al Jarreau 「Glow」
Michael Franks 「Sleeping Gypsy」

このエヴァンス追悼盤は「強力コンビ」を招聘して「売れる作品」を残そうとしたことが判ります。そうなんです。この作品、初めて外部の「強力コンビ」を使い、「売れ筋のThe Mastering Lab」を使って、緻密に『作り上げた作品』なのでした。
当然、「名盤」!

-1973~1980, You Must Believe In Spring
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.