1973~1980 The Tony Bennett Bill Evans Album

The Tony Bennett Bill Evans Album 2nd プレスの米国盤で聴く

投稿日:2019年3月4日 更新日:


LP:F9489 (FANTASY)[USA]
好み ★★★★★

Recorded at Fantasy Studios,Berkaley,Ca..6.10-13.1975

Bill Evans,piano
Tony Bennett,vocal
Rerecording engineer:Don Cody
Produced by Helen Keane

SIDE1
1.Young and Foolish
2.The Touch of Your Lips
3.Sone Other Time
4.When in Rome
5.We'll Be Together Again

SIDE2
1.My Foolish Heart
2.Waltz for Debby
3.But Beautiful
4.Days of Wine and Roses

米国盤です。
1970年代のオリジナルと思われるのですが・・・

RUN-OFFの刻印
Side1 F9489A 11
Side2 F9489BRE2 11
クレジットにはないのにMastering EngineerのDavid Turnerのサイン。
浅溝26mm

気になるのは「RE2」の刻印。これはリカットされた再発盤なのか。
っで、
Descogs見て気づいてしまいました。初版はジャケットに特徴があるんです。
裏面の曲名のクレジット。

Descogsの初回盤
Side1: 1.My Foolish Heart
Side2: 1.Young and Foolish

手持ちの今回盤
Side1: 1.Young and Foolish
Side2: 1.My Foolish Heart

ひえー! 初回盤はクレジットが間違っています。
Side1の1曲目とSide2の1曲目が逆。

そうかあ、手持ちの今回盤は修正版2ndプレスでした。
でも音が良くて楽しめればそれでよい。どうかな。

若干まろやか。
このくらいがちょうどいい。ミディアムテンポの曲が多いなかでボーカルがとげとげしくなく、聴き通せる。
エヴァンスとベネットはデュオをとても楽しんでいたようです。
ビル・エヴァンスの伝記映画『タイム・リメンバード(Time Remembered: Life & Music of Bill Evans)』のなかで、ベネットは「ビルの演奏はオーケストラのようで構成が最高」と賛辞を送ってます。
ボーカル物オンチのおいらは、実は次作『Together Again』のほうが好き。

-1973~1980, The Tony Bennett Bill Evans Album
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.