1943~1964 エヴァンス作品

Portrait in Jazz ペラジャケ日本盤

投稿日:2018年2月20日 更新日:

ポートレイト・イン・ジャズ+1
LP:SR-7116(RIVERSIDE)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at NYC;12.28.1959

BILL EVANS,piano
SCOTT LaFARO,base
PAUL MOTIAN,drums

Produced by ORRIN KEEPNEWS
Engineer,JACK HIGGINS
Msatering,JACK MATTHEWS

SIDE1
1.Come Rain or Come Shine
2.Autumn Leaves (stereo)
3.Witchcraft
4.When I Fall in Love
5.Peri's Scope

SIDE2
1.What Is This Thing Called Love?
2.Spring Is Here
3.Some Day My Prince Will Come
4.Blue in Green

1964年発売のペラジャケ・日本ビクター盤。
Made and sold by FONTANA RECORDS under rights from INTERDISC S.A.
蘭フォンタナ盤準拠でした。

蘭フォンタナ盤のレーベルは青紫に銀刷り。
ペラジャケ・日本ビクター盤も同じフォーマットでした。
ラン・オフ(Run Off)にレコード番号の刻印。日本盤の型番ではなく、「RLP-12-1162」

RLP=Riverside LP (?)
12=12inch
1162=通し番号 ステレオ盤シリーズ用番号Run Offは頭に”11” RLP-12-11××

ということで、
このレコード番号、オリジナル盤と同じです。
だからと言ってオリジナルと同じ音かどうかは判りません。

さあ聴いてみよう。
さすがに1964年度盤なので鮮度がいいです。
ピアノが前へ、ベースは少々右奥へ。
でも中低音はダンゴではありませぬ。
シンバルの響きも自然。
なにより、ピアノが無添加の音質なのが嬉しい。
「ポートレイト」のエヴァンスはいつもより弾きまくっています。

「Autumn Leaves」ステレオ盤でした。
「Spring Is Here」テープのたわみ気になりました。
「Blue in Green」あまりにも美しいので涙です。
 この曲に対する3人の理解度に差がなく、本当の意味での「三位一体」の演奏でした。
 解像度抜群です。
 最後にこの曲を聴いて満足感に浸るなんて、贅沢!

-1943~1964, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.