1965~1972 Living Time

Living Time セカンド・ジェネレーションの米国盤を聴く

投稿日:2019年1月29日 更新日:

リヴィング・タイム
LP:KC-31490 (COLUMBIA)[USA]
好み ★★★★★

Recorded at N.Y.C.;March.1972

Bill Evans,piano el-piano
Eddie Gomez,bass
Marty Morell,drums
Sooky Young,trumpet,flugelhorn
Ernie Royal,trumpet,flugelhorn
Richard Williams,trumpet,flugelhorn
Stanton Davis,trumpet
Howard Johnson,flugelhorn,tuba,bass clarinet
Dave Bargeron,trombone,tuba
Dave Baker,trombone
Garnett Brown,trombone
Jphn Clark,french horn
Jimmy Giuffre,tenor sax,flute,clarinet
Sam Rivers,tenor sax,flute,oboe
Joe Henderson,tenor sax
Ron Carter,fender bass
Stanley Clark,fender bass
Herb Bushler,fender bass
Sam Brown,bass guitar & electric guitar
Ted Saunders,electric piano & clavinette
Webster Lewis,organ & electric piano
Tony Williams,drums
Marc Belair,percussion

George Russell,composed,arranged and conducterd
Carl Atkins,assistant to George Russell

Produced by Helen Keane
Rerecording and Re-Mix Engineer,Pete Weiss
Mastering Engineer,Elton Schelin

SIDE1
1.Living Time - Event 1
2.Living Time - Event 2
3.Living Time - Event 3
4.Living Time - Event 4

SIDE2
1.Living Time - Event 5
2.Living Time - Event 6
3.Living Time - Event 7
4.Living Time - Event 8


米国盤です。
RUN-OFFの刻印
Side1 P AL 31490-2A V 0 1A
Side2 P AL 31490-2D V 0

「2A」「2D」マスター・テープはセカンド・ジェネレーションでした。
でもラッカー盤はFirstとForth。若いです。

音はいかが?

分離がいいです。日本見本盤よりいいです。
日本盤で感じた低音のダンゴが解消されています。
オーケストラは各楽器が聴き取れないと面白くありません。
トランペットの破裂音
いきなり飛び出すフェンダーローズ
タムタムの響き
素晴らしいです。

なんだ、セカンド・ジェネレーションでも十分楽しめるじゃん。
なぜだ、日本に送られた音源はコピーのコピー?

ファースト・ジェネレーションの米国盤を聴いてみたい気もするけど、
当面は、まあ、いいか。

-1965~1972, Living Time
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.