1965~1972 Intermodulation

Intermodulation ヴァーヴ(優)2000日本盤で聴く

投稿日:

インターモデュレーション
LP:20MJ-0063 (VERVE)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at New York;April 7 and May 10.1966

BILL EVANS,piano
JIM HALL,guitar

Produced by Creed Taylor
Recording Engineer,Rudy Van Gelder
Director of Engineering,Val Valentin

SIDE1
1.I've Got You Under My Skin
2.My Man's Gone Now (From Porgy And Bess)
3.Turn Out The Stars

SIDE2
1.Angel Face
2.Jazz Samba
3.All Across The City

1986年に再発されたヴァーヴ(優)2000シリーズの1枚。
既にCD時代におけるアナログ再発盤です。

RUN-OFF
Side1 〄MV-2106A 23MJ-3035A A-1- 111*+ O V
Side2 MV-2106B 23MJ-3035B B-1- 111*

センター・レーベルには「20MJ-0063」の表示がありますが、
RUN-OFFには「MV-2106」「23MJ-3035」の刻印のみで「20MJ-0063」刻印なし。
1977年発売「MV-2106」、1981年発売「23MJ-3035」のラッカー/マザーの使い回しでした。

「V」の刻印あり。光にかざすとオレンジ色に光を通す透光盤、ビクター製造委託盤です。

音は23MJ-3035と同じでした。ギターが明瞭です。

ところで、これは1986年発売のアナログ盤ですが、1986年といえばCD時代が始まっています。
アナログ盤は売れたのか。

1986年までに発売されたCDを整理してみよう。
1984年発売
「Trio'64」815-0572 ポリドール
1985年発売
「Everybody Digs Bill Evans」VDJ-1517 ビクター音楽産業
「Portrait In Jazz」VDJ-1506 ビクター音楽産業
「Explorations」VDJ-1527 ビクター音楽産業
「Sunday At THe Village Vanguard」VDJ-1519 ビクター音楽産業
「Conversations With Myself」J33J-50019 ポリドール
1986年発売
「Green Dolphin Street」VDJ-1576 ビクター音楽産業
「Waltz For Debby」VDJ-1536 ビクター音楽産業
「Interplay」VDJ-1546 ビクター音楽産業
「Trio'64」J33J-25022 ポリドール
「At Town Hall Vol.1」J33J-25023 ポリドール
「At The Montreux Jazz Festeival」J33J-25001 ポリドール
「What's New」J33J-25013 ポリドール
「Eloquence」VDJ-1569 ビクター音楽産業

主要なタイトルは既にCDとなっています。
CDは3,200円から3,800円、「ヴァーヴ(優)2000」アナログ盤は2,000円。
値段的なお得感からまだまだ需要があったのかも知れません。

でも、流通した枚数が少ないようで。中古レコードでめったに出会いません。
アナログ盤最後のシリーズで、盤質良好なブツが期待できるのに。

-1965~1972, Intermodulation
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.