1943~1964 エヴァンス作品

Empathy こいつもペラジャケ日本盤ですけど疑問だらけ

投稿日:2018年4月19日 更新日:

Empathy
LP:SMV-1019 (VERVE)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at New York;8.14.1962

BILL EVANS,piano
MONTY BUDWIG,bass
SHELLY MANNE,drums

Produced by CREED TAYLOR
Recording Engineer,RUDY VAN GELDER

SIDE1
1.The Washington Twist
2.Danny Boy
3.Let's Go Back To The Waltz

SIDE2
1.With a Song In My Heart
2.Goodbye
3.I Believe In You

こいつもペラジャケ。1965年日本グラモフォンから発売。

ジャケット右上の「STEREO」赤い文字が少々品格を落としています。
1963年日本コロムビア盤と並べてみてビックリ!

下が日本コロムビア盤、上が日本グラモフォン版
あれ?
あれれ?

ひえー! タイトルが違います。
気が付きましたぁ?

日本コロムビア盤は『SHELLY MANNE/BILL EVANS』
日本グラモフォン盤『BILL EVANS/SHELLY MANNE』

どちらが正しいのでしょうか。

1963年当時はSHELLY MANNEのほうが売れていた?
エヴァンスで儲けたい日本グラモフォンが仕掛けた?
皆さんの「Empathy」はどちらですか?

音圧は圧倒的です。
日本コロムビア盤より手前でガンガン演奏してくれます。
透明感はあまり変わりません。ヌケが良くない。ヴァン・ゲルダーさんの特徴なのか。

あれ?
あれれ?

B面が3曲!
「3.I Believe In You」日本コロムビア盤にはありませんでした。
ボーナス・トラック? それにしては出来が良い。
こんなことってあるのぉ?

どちらが正しいのでしょうか。

-1943~1964, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.