1965~1972 California Here I Come

CALIFORNIA HERE I COME 米国Polygram盤で聴く

投稿日:2018年12月22日 更新日:

ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード・セッション’67(カリフォルニア、ヒア・アイ・カム)
LP:VE-2-2545(VERVE)[USA]
好み ★★★★★

Recorded at N.Y.C.;Aug.17,18.1967

BILL EVANS,piano
EDDIE GOMEZ.(b)
PHILLY JOR JONES(ds)

Produced by HELEN KEANE
Engineer:PHIL RAMONE

Side1
1.California Here I Come
2.Polka Dots And Moonbeams
3.Turn Out The Stars
4.Stella By Starlight

Side2
1.You're Gona Hear From Me
2.In A Sentimental Mood
3.G Waltz
4.Green Dolphin Street

Side3
1.Gone With The Wind
2.If You Could See Me Now
3.Alfie
4.Very Early

Side4
1.Round Midnight
2.Emily
3.Wrap Your Troubles In Dreams

1982年発売の米国盤。
ⒸⓅ1982 Polygram Classics,Inc.manufactured and marketed by Polygram Classics,Inc.137 West 55th Street,New York,N.Y.10019.

あれ?
ポリグラムからの発売です。ポリグラムでいいんだっけ?

1956年 ノーマン・グランツによりヴァーヴ・レコードが設立。
1961年 グランツはMGMに300万ドルで売却。
1967年 MGMはポリドールに売却、ヴァーヴはポリグラムの系列に入る。

リムの表示
53 MANUFACTURED AND MARKETED BY POLYGRAM CLASSICS,INC.137W.55TH ST.,N.Y.,N.Y.10019
1960年代のリム表示とは違います。ちょいと違和感。
黒地に銀のT文字のデザインも欧州系。
レーベル溝も34mm、70mmの2重溝。
ホントにこいつは米国プレスなのか。

RUN-OUT
Side1:VE2-2545-A-1A A-1 ↔
Side2:VE2-2545-B-1A A-1 ↔
Side3:VE2-2545-C-1A A-1 ↔
Side4:VE2-2545-D-1A A-1 ↔

ベース音の張りがやっぱりいまいち。ボワーンと響きます。
これは録音時のマイクの設定の影響か。
ゴメス君らしくない音色。

ドラムは意外と目立たない録音。
ダイナミックレンジが狭いのか。
でもエネルギッシュ。エヴァンスを鼓舞する。

エヴァンス、好調です。右手がよく動く。
強弱がはっきりしていて、演奏に魂が入る。

ここはヴィレッジ・ヴァンガード。
これだけのレベルで日常のライブを見ることができれば、
楽しい。
ノリが良くて、曲想が豊かで、演奏者の感情が宙を舞う。
4面をじっくり聴き進むと
楽しい。

-1965~1972, California Here I Come
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.