1943~1964 エヴァンス作品

Trio 64 米国モノラル盤はどうだ?

投稿日:2018年5月16日 更新日:

トリオ’64
LP:V-8578 (VERVE)[USA]
好み ★★★★★

Recorded at New York;12.18.1963

BILL EVANS,piano
GARY PEACOCK,bass
PAUL MOTIAN,drums

Produced by Creed Taylor
Recording Engineer,Bob Simpson
Director of Engineering,Val Valentin

SIDE1
1.Little Lulu
2.A Sleeping Bee
3.Always
4.Santa Claus is Coming to Town

SIDE2
1.I'll See You Again
2.For Heaven's Sake
3.Dancing in the Dark
4.Everything Happens to Me

モノラルです。
おお、良いじゃないですか。
適度なエコーがあって音が生々しい。
ピアノの透明感が素晴らしく、ベースも弾け具合が良く、重心が下がります。
全体にパワフル。

溝径32mmの東海岸盤でした。

RUN-OUTを見てみよう。
V-8578 SIDE ONE/2 64-VG-118 TR

「64-VG-118」はMGMの型番。これまで聴いたアナログ盤は「-RE-1/2」の刻印もありましたが、
この盤にはありません。
初期盤なのか。

TRは何を示すのか。
エンジニアのイニシャルではない。気になります。

いずれにしても、音が良いので、満足!

-1943~1964, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.