1943~1964 エヴァンス作品

Conversations With Myself 多重録音を米国モノラル盤で聴く

投稿日:2018年5月9日 更新日:

自己との対話+2
LP:V-8526 (VERVE)[USA]
好み ★★★★★

Recorded at New York;January & February.1963

BILL EVANS,piano

Produced by Creed Taylor
Recording Engineer,Ray Hall
Director of Engineering,Val Valentin

SIDE1
1.'Round About Midnight
2.How About You
3.Theme From "Spartacus"
4.Blue Monk

SIDE2
1.Stella By Starlight
2.Hey There
3.N.Y.C.'s No Lark
4.Just You, Just Me,

米国アナログ盤。見開きダブルジャケット。

モノラルです。
3重録音なのにモノラルです。どのように聴こえるのでしょうか。

3人のエヴァンスが中央から聴こえます。当り前です。
どの曲も、テーマを弾く音の音量が一番大きく、そのほかは控えめ。バランスが最適です。
なので思ったほど騒々しくはありません。
中低域が厚いです。高音はあまり伸びません。

ペラジャケ日本盤、和蘭盤に比べて、一番ピアノらしい響き。オリジナルに近い?
もう少し音圧があってもいいですけど。

演奏に感情が揺さぶられる。

-1943~1964, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.