1943~1964 The Gary McFarland Orchestra

THE GARY MCFARLAND ORCHESTRA 米国モノラル盤でジャズを聴く

投稿日:2018年12月14日 更新日:

ゲイリー・マクファーランド・オーケストラ・フィーチャリング・ビル・エヴァンス(紙ジャケット仕様)

LP:V-8518(VERVE)[USA]
好み ★★★★★

Recorded at N.Y.C;Dec.18.1962 & Jan.24.1963

BILL EVANS,piano
GARY MCFARLAND,cond arr

Produced by CREED TAYLOR
Engineer:Ray Hall

Side1
1.Reflections In The Park
2.Night Images
3.Tree Patterns
4.Peachtree

Side2
1.Misplaced Cowpoke
2.A Moment Alone

米国オリジナル・モノラル盤です。
日本盤はジャズというよりオーケストラ作品でしたが、米国盤はどうじゃ?

RUN-OFFの刻印
Side1:V8518 SIDE1 63VG102 RE-1
Side2:V8518 SIDE2 63VG103

直径32mmの東海岸プレス盤でした。

おおおっ
ガッツがあります。
音の粒立ちがはっきりしていて、

主役はやっぱりヴァイブ。前面に出てきます。
でも、ピアノも音像がクリアで、日本盤より半歩前に出てきました。
これならヴァイブに押し負けることもない。

ベースの弦の弾け方がはっきり判る。
ドラムもシンバルが明瞭で演奏に力強さが加わりました。

日本盤モノラルだと、中域の音がダンゴになってパワーが失われるきらいがありましたが、
米国盤は大丈夫。リズム隊が強化されました。

いやはや、これはジャズ。
手の込んだジャズ。
エヴァンスを聴こうと構えなければ、楽しめるジャズ。

-1943~1964, The Gary McFarland Orchestra
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.