1965~1972 エヴァンス作品

Trio’65 Rudy Van Gelderの米国ステレオ盤

投稿日:2018年6月20日 更新日:

トリオ’65
LP:V6-8613 (VERVE)[USA]
好み ★★★★★

Recorded at New York;February 3.1965

BILL EVANS,piano
CHUCK ISRAELS,bass
LARRY BUNKER,drums

Produced by Creed Taylor
Recording Engineer,Rudy Van Gelder
Director of Engineering,Val Valentin

SIDE1
1.Israel
2.Elsa
3.'Round Midnight
4.Our Love is Here to Stay

SIDE2
1.How My Heart Sings
2.Who Can I Turn To?
3.Come Rain or Come Shine
4.If You Could See Me Now

RUN-OFFの刻印
V6-8613 65-VGS-514/515 S-1 VANGELDER
Rudy Van Gelderの刻印のあるステレオ米国盤。

ベース左 ピアノ中央 ドラム左
ベースとドラムは幾分オフ気味。多少エコーがかかって、奥行きを感じる。
なるほど、これがゲルダーさんの作りたかった音なのですね。

中心はエヴァンス。ピアノの粒立ちがはっきりしています。
過度な残響音がカットされているので音が硬いのはゲルダーさんの特徴か。
でも、これがピアノ・トリオの音。
みんなエヴァンスのピアノが聴きたいんですもの。
いいですねえ。

よーく聴いてみると、ベースやピアノにミストーンがあったり、凡庸なソロが垣間見えたりで、
「最高傑作」とは言えませんが、
エヴァンスの演奏には意欲が漲っていて何度聞いても飽きません。
やっぱりこれはVerve時代の重要作!
好きです!

-1965~1972, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.