1943~1964 Moonbeams

Moonbeams CD移行期の最後のアナログ日本盤シリーズ

投稿日:2019年12月30日 更新日:


LP:VIJ-130(RIVERSIDE)[JPN]
好み ★★★★★★★

Recorded at New York;5.29/6.5.1962

BILL EVANS,piano
CHUCK ISRAELS,bass
PAUL MOTIAN,drums

Produced by ORRIN KEEPNEWS
Engineer,BILL SCHWARTAU

Side1
1.Re: Person I Knew
2.Polka Dots And Moonbeams
3.I Fall In Love Too Easily
4.Stairway To The Stars

Side2
1.If You Could See Me Now
2.It Might As Well Be Spring
3.In Love In Vain
4.Very Early

1984年11月21日に発売されたCD移行期の最後のアナログ日本盤。

リム(外周)の表示
MADE IN JAPAN BY VICTOR MUSICAL INDUSTRIES,INC.FROM A MASTER RECORDING OWNED BY FANTASY RECORDS, U.S.A.
JASRACの表示あり。
RUN-OFFの刻印
Side1 V 〄Ⓑ RLP-129428A 121++ A B дA дE дC
Side2 RLP-129428B 131+

リムの表示からファンタジー・レコードの版権にもとにした再発盤であることが判ります。「V」の刻印はビクター音楽産業プレス盤を示す。

久しぶりの『Moonbeams』です。でもこのジャケット、怪しげです。

これ、有名な話ですがジャケットのモデルはNico
以下、Nico(ニコ)についてWikipedia

1938年10月16日ドイツ・ケルンもしくは1943年3月15日ハンガリーで生まれる(詳細不詳)
ファッション誌のモデルとして活動
1960年フェデリコ・フェリーニ『甘い生活』(1960年)に端役で出演
ニューヨークに移り、ヨーロッパとアメリカの両方で活動
1962年Bill Evans『Moonbeams』ジャケット・モデル(当時24歳もしくは19歳・・・19歳には見えないなあ)
1963年ジャック・ポワトルノー監督『Strip-Tease』出演、セルジュ・ゲンスブールのプロデュースでタイトル曲を録音
1965年ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズの紹介でファースト・シングル『I'm Not Sayin / The Last Mile』発表
このシングルB面はジミー・ペイジ作曲・プロデュース、youtubeで聴ける
1967年ボブ・ディランの紹介でアンディ・ウォーホルに出会い、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドに参加
『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』4曲でリード・ボーカル

エヴァンス・リーダー作品は数多あれど女性モデルを起用したのは『Moonbeams』のみ。(『デビー』はシルエットなので対象外)
何とも貴重なジャケットなのでした。

右イスラエルズ、中央エヴァンス、中央奥モチアン

やたらベースがオンなのでちょっと違和感があります。
音の鮮度が悪く、キレがありません。

ベースがラファロからイスラエルズに変わって、耽美性が若干薄れてきました。
イスラエルズ手堅い。ラファロの才気走った演奏とは違って、落ち着いて聴けます。
でも、バラード中心の選曲は好み。

-1943~1964, Moonbeams
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.