1973~1980 Montreux Ⅲ

Montreux Ⅲ 「Bill Evans Memorial Collections on Fantasy」日本盤で聴く

投稿日:2019年3月7日 更新日:


LP:VIJ-4015(FANTASY)[JPN]
好み ★★★★★★★
Recorded live at the Montreux Festival,Montreux,Switzerland;7.20.1975

Bill Evans,piano
Eddie Gomez,Bass
Rerecording engineer:John Timberly
Remix Engineer,Don Cody
Mastering,David Turner
Produced by Helen Keane

SIDE1
1.Elsa
2.Milano
3.Venutian Rhythm Dance
4.Django

SIDE2
1.Minha(All Mine)
2.Driftin'
3.I Love Youl
4.The Summer Knows


1982年に再販された『Montreux Ⅲ』
見本盤でした。

オビによると「Bill Evans Memorial Collections on Fantasy」全8枚シリーズの1枚。
他には
『ビル・エヴァンスの肖像(Eroquence)』VIJ-4011
『ビル・エヴァンス(The Tony Bennett and Bill Evans)』VIJ-4012
『インチュイション(Intuition)』VIJ-4013
『シンス・ウィ・メット(Since We Met)』VIJ-4014
『アローン(アゲイン)(Alone Again)』VIJ-4016
『クインテセンス(Quintessence)』VIJ-4017
『クロスカレント(Crosscurrents)』VIJ-4018

ところで1975年のモントルーでは、エヴァンス・ゴメスの演奏した曲は次の11曲。
1 Gone With The Wind
2 Elsa
3 Milano
4 Venutian Rhythm Dance
5 In A Sentimental Mood
6 Django Master 41
7 All Mine
8 Driftin'
9 The Summer Knows
10 I Love You
11 Rappel: But Beautiful

『Montreux Ⅲ』に収録されなかったのは
1 Gone With The Wind
5 In A Sentimental Mood
11 Rappel: But Beautiful

このうち「In A Sentimental Mood 」「But Beautiful」の2曲はコンピレーション盤『Eloquence』に収録されました。

さて、1977年盤 SMJ-6158とRUN-OFFの刻印を比べてみよう。

1977年盤SMJ-6158
Side1 Ⓑ〄 F-9510A 111+ Y1 AT
Side2 F-9510B 111+

1982年盤VIJ-4015
Side1 Ⓑ〄 F-9510A 121+T
Side2 F-9510B 121+

マザー/スタンパーの違いだけで、ラッカーは同じものを使っているようです。
音質に差は殆どありませんでした。
ちょいとピアノが軽い音。

時折電子ピアノが割り込みますが、馴染みの曲も多く、『Intuition』よりこちらのほうが楽しめるかも。

-1973~1980, Montreux Ⅲ
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.