1973~1980 Intuition

Intuition 日本初発盤は東芝だった

投稿日:2019年2月15日 更新日:

インチュイション(紙ジャケット仕様)
LP:LFJ-80036 (FANTASY)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at Fantasy Studios,Berkaley,Ca..11.7-10.1974

Bill Evans,piano
Eddie Gomez,bass
Rerecording engineer:Don Cody
Produced by Helen Keane

SIDE1
1.Invitation
2.Blue Serge
3.Show-Type Tune
4.The Nature of Things

SIDE2
1.Are You All The Things
2.A Face Without a Name
3.Falling Grace
4.Hi Lili,Hi Lo(For Ellaine)

アナログ日本盤は2種類
1975年 LFJ-80036 東芝EMI
1982年 VIJ-4013 ビクター音楽産業

内封されている解説
『エバンスのキャラクターが最高度に発揮されるベースとのデュオでピアノ・ファンの快哉を呼ぶファンタジー移籍第1弾!』

日本では『Live In Tokyo』がCBSソニーだったので、この作品が『ファンタジー移籍第1弾!』

あれ?
東芝EMI?

1975年当時のFantasyは東芝だったんですね。
『Undercurrent』以来の東芝盤です。
東芝盤はRUN-OFFの刻印でプレス時期が判る。

タイプ2(1973年6月以降)
2つの数字で表す。
前の数値が西暦の末尾、後ろの数字が月 ただし10月:X 11月:Y 12月:Z
(例)5-4:1975年4月

RUN-OFFの刻印
Side1 F-9475-A 1S2 〄 5-5W
Side2 F-9475-B 1S3 〄
5-5
1975年5月プレス盤でした。

実は東芝盤の見本盤が手元にあります。

よく見ると「5/20発売」の表示があります。

ところがこの見本盤にはプレス時期を示す「プレスマーク」がありません。
見本盤なのでいつプレスしたかは表示の必要がないからかも。

ところで、この作品の選曲は特徴的。
「Invitation」この作品のみ
「Blue Serge」この作品のみ
「Show-Type Tune」この作品と「How My Heart Sings!」のみ
「The Nature of Things」この作品のみ
「Are You All The Things」この作品と「Re:Person I Knew」のみ
「 A Face Without a Name」この作品のみ
「Falling Grace」この作品のみ
「Hi Lili,Hi Lo」この作品のみ

演奏はどうなの?

電子ピアノとアコースティック・ピアノが絡まる。
ピアノとベースが主張し合う。
これは1974年版「Undercurrent」でした。エヴァンスとゴメスのInterplay(相互作用)。

-1973~1980, Intuition
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.