1965~1972 エヴァンス作品

At Town Hall どうした!ヴァーヴ不滅の名盤コレクション

投稿日:2018年6月23日 更新日:

BILL EVANS AT TOWN HALL VOL. 1 [LP] (180 GRAM AUDIOPHILE VINYL) [Analog]
LP:23MJ-3039 (VERVE)[JPN]
好み ★★★★★★★

Recorded at New York;February 21.1966

BILL EVANS,piano
CHUCK ISRAELS,bass
ARNOLD WISE,drums

Produced by Creed Taylor
Director of Engineering,Val Valentin
Town Hall concert produced by Helen Keane

SIDE1
1.I Shoud Care
2.Spring Is Here
3.Who Can I Turn To
4.Beautiful Love

SIDE2
1.My Foolish Heart
2.Make Someone Happy
3.Solo
In Memory of His Father,Harry L. Evans,1891-1966

1981年発売の「ヴァーヴ不滅の名盤コレクション」の一枚。

今日はピアノ・ソロを浴びたいからB面から聴いてみよう。

ん? んんん?
あれれ???

いきなり「My Foolish Heart」じゃん!

なんじゃい!

これはいけません!
「My Foolish Heart」から始まると『Waltz For Debby』と同じじゃん!
ボーナス・トラックの”サプライズ”なんでしょうが、聴く側はどうしても比べてしまいます。
でも、勝敗は明らか。
こいつはいけません!

この曲だけ他のトラックに比べて少々ヌケが悪い。マスター・テープが違うことが判ります。

A面も、最後に「Beautiful Love」
アナログ盤はオリジナルに忠実であって欲しいです。
それぞれの作品が持つ”色合い”を楽しみたいのに、まったく別物になってしまいます。

こいつはポリドールさん、ちょいとやりすぎ。

-1965~1972, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.