RIVERSIDE日本盤(ABC準拠) エヴァンス作品

RIVERSIDE日本盤を整理する (ABC準拠)

投稿日:2018年4月11日 更新日:

RIVERSIDEの歴史から。

1956年 RIVERSIDE RECORDSにて「New Jazz Conceptions」収録
ヨーロッパではFONTANA RECORDSが版権を持って世界に販売。
1958年 RIVERSIDE RECORDSにて「Everybody Digs BILL EVANS」収録
1959年 RIVERSIDE RECORDSにて「Portrait in Jazz」収録
1961年 RIVERSIDE RECORDSにて「Explorations」「Sunday at the Village Vanguard」「Waltz For Debby」収録
1962年 RIVERSIDE RECORDSにて「Moonbeams」「How my heart sings!」「Interplay」収録
1963年 RIVERSIDE RECORDSにて「at Shelly’s Manne-Hole,Hollywood,California」収録
1964年 RIVERSIDE倒産 ORPEUMに販売権移動
1967年 ORPHEUMからABCに販売権移動
1972年 ABCからORIN が権利を買い戻す。FNTASYからOJCシリーズで復刻

ABCが販売権を持っていたのは1967年から1972年の間でした。

2.ABC準拠盤

➀「New Jazz Conceptions」
MW-2017 ポリドール 1971年発売

Gatefold jacket(Second Version)
[RUN-OFF](レコードの無音部分) 〄MW-2017A/B A1 A-2-6

➁「Everybody Digs BILL EVANS」
MW-2057 ポリドール 1972年発売

Single jacket
[RUN-OFF] 〄MW-2057A/B A1 A-2-6

➂「Portrait in Jazz」
MW-2062 ポリドール 1973年発売

Single jacket
[RUN-OFF] 〄MW-2062A/B B3 A-1-15

➃「Explorations」発売なし

➄「Sunday at the Village Vanguard」
RS-3006 日本グラモフォン 1969年発売

Single and different jacket
直輸入盤
[RUN-OFF] RS-3006-A/B LW

➅「Waltz For Debby」
MW-2004 日本グラモフォン 1970年発売

Gatefold and different jacket
[RUN-OFF] 〄MW-2004A/B GFO A-1-2

➆「Moonbeams」
RS-3001 日本グラモフォン 1970年発売

Single and different jacket
直輸入盤
[RUN-OFF] RS-3001-A/B LW

➇「How my heart sings!」発売なし

➈「Interplay」
MW-2009 日本グラモフォン 1970年発売

Gatefold jacket
[RUN-OFF] 〄MW-2009A/B KO A-1-6

➉「at Shelly’s Manne-Hole,Hollywood,California」
RS-3013 日本グラモフォン 1969年発売

Single and different jacket
直輸入盤
[RUN-OFF] RS-3013-A/B LW

➀はヨーロッパでは「Speak Low」

➃➇は何故だか判りませんが未発売(たぶん)。

それでは発売順に並べてみよう。

1969年
 ➄ RS-3006
 ➉ RS-3013
1970年
 ➆ RS-3001
 ➅ MW-2004
 ➈ MW-2009
1971年
 ➀ MW-2017
1972年
 ➁ MW-2057
1973年
 ➂ MW-2062

ABCに販売権が移って、1970年までに再発された作品➄➆➉は直輸入盤でした。
ジャケット裏に型押しマーク。

文字が裏返しで、
「IMPORTED BY NIPPON GRAMMOPHON CO.LTD.JAPAN」

1970年以降の➀➁➂➅➈は日本製作盤。

レコード・センターレーベルには溝があって、➄➆➉は直径70mm、日本製作盤は直径30mm
そもそもプレス工場が違うことが判ります。

1971年に日本グラモフォンはポリドールに社名変更していますので、少なくとも➁➂には日本グラモフォン盤は存在しません。
➀➅➈はグラモフォン盤・ポリドール盤両方存在している可能性あり。
っで、➅は存在確認済み。

日本盤には〄マークあり。A-×-×はマザーおよびスタンパーを示す(たぶん)。 2桁のアルファベット&数字はプレス時期?

ABC盤はORIN KEEPNEWSの手を離れて再プロデュース。
Re-Produced by BOB THIELE
Re-Masterring Engineer,BOB ARNOLD

中低域が強調され、重心が下がった演奏が特徴です。
これはこれで聴きやすい。
レコード・ジャケットも変化があって、楽しい。

-RIVERSIDE日本盤(ABC準拠), エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.