VERVE日本盤(ポリドール)

VERVE日本盤を整理する【第4回】(ポリドール編その2)

投稿日:2019年1月12日 更新日:

VERVE日本盤を整理するぞ。第4回、ポリドール編その2。

最初にヴァーヴ・レコードの動きから

1956年 ノーマン・グランツがヴァーヴ・レコードを設立
1961年 グランツはMGMに売却
1967年 MGMはポリドールに売却

VERVE作品はこちら。
1962年 「➀Empathy」
1963年 「➁The Gary McFarland Orchestra」「➂Conversations With Myself」「➃The VIP's Theme」
1964年 「➄Trio '64」「➅Stan Getz & Bill Evans」「➆The Bill Evans Trio Live」
1965年 「➇Trio '65」「➈Bill Evans Trio With Symphony Orchestra」
1966年 「➉At Town Hall Vol.1」「⑪Intermodurations」「⑫A Simple Matter Of Conviction」
1967年 「⑬Further Conversations With Myself」「⑭California,Here I Come」
1968年 「⑮At The Montreux Festival」「⑯Alone」「⑰What's New」「⑱From Left To Right」

日本におけるヴァーヴ・レコードの歴史。
1961年 日本コロムビアがMGMのレコードを発売
1964年 販売権が日本コロムビアから日本グラモフォンに移動(したと思われます)
1967年 MGMはポリドールに売却されるも、日本では引き続き日本グラモフォンが販売
1971年 日本グラモフォン株式会社はポリドール株式会社に社名変更

5.ポリドール再発盤(ヴァーヴ不滅の名盤コレクション 他)
ポリドール盤は1971年以降発売されのち、エヴァンス没後1980年代に『ヴァーヴ不滅の名盤コレクション』として再発されたました。

「➀Empathy」 23MJ-3032 1981年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2043A 23MJ-3032A D1KB0C9 A-1-8
Side2 MV-2043B 23MJ-3032B A-1-11

「➂Conversations With Myself」 23MJ-3075 1981年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 23MJ-3075A H1 B-1-2
Side2 23MJ-3075B A-1-1

「➄Trio '64」 23MJ-3033 1981年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2058A 23MJ-3033A E3 K2 D1 A-1-7
Side2 MV-2058B 23MJ-3033B A-1-7 V

「➅Stan Getz & Bill Evans」 23MJ-3036 1981年発売

Single jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2087A 23MJ-3036A A-1-6 D11O19G8GA7EC6
Side2 MV-2087B 23MJ-3036B A-1-5

「➆The Bill Evans Trio Live」 23MJ-3034 1981年発売

[見本盤]Single jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2025A 23MJ-3034A D1 B-1-18
Side2 MV-2025B 23MJ-3034B A-1-16

「➇Trio '65」 23MJ-3038 1981年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2061A 23MJ-3038A E1 A-1-10
Side2 MV-2061B 23MJ-3038B A-1-8

「➈Bill Evans Trio With Symphony Orchestra」 23MJ-3077 1981年発売
未確認

「➉At Town Hall Vol.1」 23MJ-3039 1981年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 23MJ-3039A GF E1 B-1-5
Side2 23MJ-3039B A-1-5

「⑪Intermodurations」 23MJ-3035 1981年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2106A 23MJ-3035A D1 A-1-7
Side2 MV-2106B 23MJ-3035B B-1-6

「⑫A Simple Matter Of Conviction」 23MJ-3040 1981年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2107A 23MJ-3040A E1 A-1-7
Side2 MV-2107B 23MJ-3040B B-1-8

「⑬Further Conversations With Myself」 23MJ-3076 1981年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 23MJ-3076A 111 A-1-2
Side2 23MJ-3076B A-1-2

「⑭California,Here I Come」 35MJ-3215/6 1982年発売

Gatefold jacket
RUN-OFF
Side1 35MJ-3215A A-1-3 W 1 〄 DB3A3L2
Side2 32MJ-3215B A-1-3
Side3 35MJ-3216A A-1-5 W 1 1
Side4 35MJ-3216B A-1- 111+

「⑮At The Montreux Festival」 23MJ-3031 1981年発売

Single jacket
RUN-OFF Side1 〄MV-2064A 23MJ-3031A A-1-24 D1
RUN-OFF Side2 MV-2064B 23MJ-3031B A-1-21

「⑯Alone」 23MJ-3041 1981年発売

Single jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2105A 23MJ-3041A A-1-10 K1GF E7
Side2 MV-2105B 23MJ-3041B A-1-1

「⑰What's New」 23MJ-3037 1981年発売

Single jacket
RUN-OFF
Side1 〄MV-2095A 23MJ-3037A E1 B-1-10
Side2 MV-2095B 23MJ-3037B A-1-12

エヴァンス1980年死去。1981年ポリドールより再発開始。
「➈Bill Evans Trio With Symphony Orchestra」は未確認です。

さて、作品によってその製造工程に特徴があります。

(1)以前のラッカー/マザーを再利用
RUN-OFFの刻印を見ると、MV-〇〇〇〇の型番併記が見られます。
MV型番は1971年~1977年にプレスされた作品の番号。よってこの時のラッカー/マザーを再利用してプレスしたと思われます。
「➀Empathy」
「➄Trio '64」
「➅Stan Getz & Bill Evans」
「➆The Bill Evans Trio Live」
「➇Trio '65」 
「⑪Intermodurations」
「⑫A Simple Matter Of Conviction」
「⑮At The Montreux Festival」
「⑯Alone」
「⑰What's New」

(2)新たにラッカーを切り直し
以下の4作品は、元々1971年~1977年ポリドールMV型番がなかったため、新たにラッカーを切り直しています。
「➂Conversations With Myself」
「➉At Town Hall Vol.1」
「⑬Further Conversations With Myself」
「⑭California,Here I Come」

(3)ビクター製造委託盤
以下の作品のRUN-OFFには「V」の刻印があり、蛍光灯にかざすとオレンジ色に光を通す透光盤でした。
これはビクター盤の特徴です。
「Trio '64」

ところで、1981年盤「Stan Getz & Bill Evans」はジャケットのタイトルが違います。

1974年盤およびオリジナルは「STAN GETZ & BILL EVANS」
1981年盤は「BILL EVANS & STAN GETZ」

また、ラッカー切り直しの1981年「At Town Hall Vol.1」は収録曲に2曲追加。
Side1 4曲目『Beautiful Love』
Side2 1曲目『My Foolish Heart』
これは賛否両論。

-VERVE日本盤(ポリドール)
-,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.