1965~1972 エヴァンス作品

Trio’65 お馴染みの曲が並ぶ人気作

投稿日:2018年6月18日 更新日:

トリオ’65
LP:MV-2061 (VERVE)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at New York;February 3.1965

BILL EVANS,piano
CHUCK ISRAELS,bass
LARRY BUNKER,drums

Produced by Creed Taylor
Recording Engineer,Rudy Van Gelder
Director of Engineering,Val Valentin

SIDE1
1.Israel
2.Elsa
3.'Round Midnight
4.Our Love is Here to Stay

SIDE2
1.How My Heart Sings
2.Who Can I Turn To?
3.Come Rain or Come Shine
4.If You Could See Me Now

最初に日本盤を整理。
1965年 SMV-1035 日本グラモフォン
1973年 MV-2061  ポリドール
1981年 23MJ-3038 ポリドール
1986年 20MJ-0083 ポリドール

日本初発盤は日本グラモフォン。

で、今回の「MV-2061」は1973年ポリドールから発売された再発盤です。
でもジャケットは厚紙使用の豪華見開き盤。

「Israel」『Explorations』でも演奏。より力強くなりました。スピード感があります。
「Elsa」これも『Explorations』収録曲。アール・ジンダース作曲のバラード。これ、泣けます!好きなんです!
途中翳りが取れてアッパーな感覚で突き進むのですが、最後はトーンを戻してリリカルに。
感情の移り変わりを見事に演奏に載せる。
「'Round Midnight」『Conversations With Myself』初出。彩りが明るくなりました。
「Our Love is Here to Stay」これも『Conversations With Myself』収録。よりスインギーに演奏。だけどメロディをブチブチ切ってエヴァンスらしい。
「How My Heart Sings」『How My Heart Sings』収録曲。テンポ・アップして表情が明るい。
「Who Can I Turn To?」この作品で唯一の初出曲。晩年まで演奏した愛奏曲。ここではテンポを落としてじっくり。いいですねえ。
「Come Rain or Come Shine」『Portlate in Jazz』収録曲。私にはモニカ・ゼッタールンドの歌声が聴こえる。
「If You Could See Me Now」タッド・ダメロン作曲『Moonbeams』収録曲。最後にこの曲かあ。しっとりと聴かせるバラード。

聴き慣れた曲が多く、馴染みやすい作品。
冬に、外で凍えたカラダで家に帰り、暖房のきいた部屋でジワーっと温まる感覚。
そうなんです。この作品、暖かいんです。

この作品からドラムがラリー・バンカーに交代。
バンカーのドラミングはモチアンより華やかな印象。
イスラエルズのベースも安定感に加えて色彩豊かになった。

でも、ちょっと小さな声で言いますけど、
このアナログ盤、各楽器のバランスが悪いんです。
左ベース、右ドラム、中央ピアノ。
ベースがこもりがち、ドラムがはしゃぐ。ピアノは伸びがない。
うーん、これは再発日本盤だから?ルディ・ヴァン・ゲルダーだから?

-1965~1972, エヴァンス作品
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.