1973~1980 Symbiosis

Symbiosis 日本初登場盤でアンチ・ジャズ作品を聴く

投稿日:2020年1月6日 更新日:


LP:ULX-22-P(MPS)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at New York;Feb.11.12.&14.1974

BILL EVANS,piano
CLAUS OGERMAN,conduct
EDDIE GOMEZ,bass
MARTY MORELL,drums
PHIL WOODS,JERRY DODGION,WALT LEVINSKY,HARVEY ESTRIN,alt sax
MARVIN STAMM,JOHNNY FROSK,BERNIE GLOW,MARKY,MARKOWITZ,VICTOR PAZ,MEL DAVIS,trumpet
BILL SLAPIN,DON HAMMOND,HUBERT LAWS,flute
GEORGE MARGE,PHIL BODNER,oboes
URBIE GREEN,tenor trombone
PAUL FAULISE,TOMMY MITCHELL,bass trombone
DON BUTTERFIELD,tuba
DANNY BANK,RON JANELLY,clarunet&bass clarinet
WALLY KANE,bassoon
DONALD MAcCOUNT,contra bassoon
BROOKS TILLOTSON,JAMES BUFFINGTON,EARL CHAPIN,RAY ALONGE,AL RICHMOND,PETE GORDON,french horn
GEORGE DEVENS,DAVE CAREY,DOUG ALLEN,percussion
RALPH McDONALD,conga

Produced by ORRIN KEEPNEWS
Recording Engineer,FRANK LAICO

Side1
1.1st movement

Side2
1.2nd movement

RUN-OFFの刻印
Side1 22 41MP N1 + 01 〄
Side2 22 42MP N1 + 51 〄

エヴァンス唯一のMPS盤。アナログ日本盤は2種類。
1975年 ULX-22P テイチク
1982年 ULS-6055 テイチク

Symbiosis=相利共生(そうりきょうせい)とは、異なる生物種が同所的に生活することで、互いに利益を得ることができる共生関係のこと。哲学的ですな。
録音優秀盤。ゴメスのベースがやたら生々しい。音楽的にはオーケストラとピアノ・トリオの共生。トリオの演奏とオーケストラが交互に交錯する。
これはジャズとして聴けない。メロディを追うこともできず着地点の見えない進行、エヴァンスの電子ピアノもたっぷり。
コロムビア盤『Living Time』の延長線上にある企画盤。やっぱりエヴァンスはこの手のアンチ・ジャズ作品を作りたかったのね。『Living Time』よりこちらのほうが躍動感があって、緊張感があって、エヴァンスの賭ける思いが伝わってきて、楽しい。

-1973~1980, Symbiosis
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.