1973~1980 Crosscurrents

Crosscurrents 音の分離が良いフランス盤で聴く

投稿日:2019年5月10日 更新日:


LP:F-5951(FANTASY)[FRANCE]
好み ★★★★★

Recorded at Fantasy Studios,Berkeley,California;February 28,March 1.2,1977

Bill Evans,piano
Eddie Gomez,bass
Eliot Zigmund,drums
Lee Konitz,Alto Sax
Warne Marsh,Tener Sax
Rerecording engineer:Phil Kaffel
Mastering engineer;David Turner
Produced by Helen Keane

SIDE1
1.Eiderdown
2.Ev'ry Time We Say Goodbye
3.Pensativa

SIDE2
1.Speak Low
2.When I Fall In Love
3.Night And Day

DISQUE GRAVE ET PRESSE EN FRANCE
フランス盤です。レーベル・カラーは茶色。

あれ? 音の分離がすこぶる良い。少々騒々しいくらい。
2管およびピアノが前面に出てくるので、ベースのこもりが気にならず。
これは稲妻米国盤とも違います。

FANTASY特有の”軽い”ピアノの音色は変わりませんが、エコーが多少多め。
これもエヴァンス者にとって嬉しい傾向。

でも、この音像だと管の二人の実像が明らか。少々残酷です。艶がない。音の張りに欠ける。
逆にエヴァンスの張り切り過ぎが痛々しい。

やっぱりピアノ・トリオが聴きたい。

-1973~1980, Crosscurrents
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.