1965~1972 At The Montreux Jazz Festival

At The Montreux jazz festival 微妙に修正されたフランス盤を聴く

投稿日:

モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス+1
LP:2304-152 (VERVE)[FRANCE]
好み ★★★★★★★

Recorded at the Casino de Montreux,Switzerland ;June.15.1968

BILL EVANS,piano
EDDIE GOMEZ,bass
JACK DEJOHNETTE,drums

Produced by Helen Keane
Recording Engineer,Pierre Grandjean and Jean-Claude Martin
Editing and Remix Engineer,Bob Schwartz
Director of Engineering,Val Valentin

SIDE1
1.One For Helen
2.A Sleepin' Bee
3.Mother Of Earl
4.Nardis

SIDE2
1.I Love You Porgy
2.The Touch Of Your Lips
3.Embraceable You
4.Someday My Prince Will Come
5.Walkin' Up

ジャケット裏面のクレジット。

Distribue par POLYDOR 2,rue Cavallotti 75018 Paris.
フランス・ポリドール盤です。

発売時期は不明。
でも、
imp.POLYGRAM INDUSTRIES MESSAGERIES.
ネットで検索すると、ポリグラムは1972年設立。
更に『POLYGRAM INDUSTRIES MESSAGERIES』のクレジットは1979年1月以降とのことです。
随分と若いアナログ盤でした。

以前、ドイツ盤を聴きました。
こちらは「Manufactured by Deutche Grammophon,Hamburg」
さあ、聴き比べてみましょう。

最初にドイツ盤。
冒頭のアナウンスでブーミーなハウリングが気になります。
1曲目、ピアノからトリオに移る瞬間の音質の違いに違和感を感じます。
ピアノ若干左、ベース中央奥、ドラムス右。
ライブ収録だからか各楽器のバランスが不安定。

次にフランス盤。
ハウリングが消されています。
1曲目の音質の違和感も殆ど気になりません。
ピアノ若干左、ベース中央奥、ドラムス右。
他の曲でも楽器のバランスが微妙に修正されていて聴きやすい。

面白いですねえ。
国によって、時代によってアナログ盤は変化するのですねえ。

-1965~1972, At The Montreux Jazz Festival
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.