1965~1972 Alone

Alone 日本グラモフォンからポリドールに社名変更となったゲートフォールド日本盤

投稿日:2020年8月28日 更新日:


LP:MV-2007(VERVE)[JPN]
好み ★★★★★★★

Recorded at Webster Hall,N.Y.C. ;September and October.1968

BILL EVANS,piano

Produced by Helen Keane
Recording Engineer,Ray Hall
Director of Engineering,Val Valentin

SIDE1
1.Here That Rainy Day
2.A Time For Love
3.Midnight Mood
4.On a Clear Day(You Can See Forever)

SIDE2
1.Never Let Me Go

1970年 日本グラモフォンから日本で最初の「Alone」が発売される
1971年 日本グラモフォンはポリドールに社名変更
1977年 ポリドールから型番もMV-2007からMV-2105に更新して再発
もしかしたら、1971年から1977年の間に旧型番MV-2007の「ポリドール盤」が存在するかも知れません。

ということで、「MV-2007 ポリドール盤」です!みーつけた!

ジャケットは、日本グラモフォン盤と同じゲートフォールド(Gatefold jacket)!
但しざらついた手触りではなく普通の厚紙ジャケット。

 
RUN-OFF 
Side1 〄 MV-2007A K6 A-3-2
Side2 MV-2007B A-3-6

型番は同じ、MV-2007です。
センターレーベルのリム表示が違います。
 

MANUFACTURED BY NIPPON GRAMMOPHON CO.,LTD.JAPAN
日本グラモフォン盤 ¥2,000

 
MANUFACTURED BY POLYDOR K.K.,JAPAN
ポリドール盤 ¥2,300

聴き比べてみよう。

久しぶりの『Alone』です。とーっても感動しています。こんなに表情豊かだったっけ?

プロデューサーのヘレンは例によってよく計算しています。Side1は万人受けするように聴きやすい曲を並べました。ドラム・レスなのでモダン・ジャズ・ファン向けというよりポップス寄り。でもよく聴いてみるとカクテル・ピアノとは全く違う!音がシャープ!耳に痛い!

っで、Side2で勝負!
1曲のみ!14分28秒!「Never Let Me Go」by Jay Livingstone / Ray Evans
ポップソングで色々なジャズメンが演奏していますが、エヴァンスはテーマを変奏曲で挑戦!憂いのある切ないメロディを色々なバリエーションで繰り返す。このメロディは耳タコになります!
ピアノ・ソロ作品が珍しい時代の画期的名演!
多少高音がきつい印象がありますが、許す!
グラモフォン盤との違い?同じでした!

-1965~1972, Alone
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.