年末スペシャル2019

年末番外編 Marisa Monte Montreux Jazz Festival Japan

投稿日:

ご無沙汰しております。
今年は色々ありました 。
水害で大切なエヴァンス・アナログ盤が水浸し。
ウォーター・ダメージでジャケット、ボロボロ!
ブログの更新も途絶え、アナログ盤買い直しで大変でした。
(って実は水をこぼしたことに気づかず10枚ほどダメにしました。
これ、相当へこみます)

台風19号の影響で、10月12日(土)、13日(日)の横濱ジャズプロムナード中止。
楽しみにしていた板橋文夫オーケストラも中止でした。今回はかつての戦友・井野信義(b)、小山彰太(ds)も参戦とのことで期待していただけに残念。
でも被災された方々の報道を見ると心が痛みます。

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2019も12日、13日は中止、10月14日(月・祝)のみ開催。

14日 日本橋三井ホール
16:30~ 小坂忠 with 中納良恵
ホール前方はスタンディング、後ろはイス席。第2部のモンチ目当てのブラジル人が半分近く!
ごめんなさい、小坂忠さんの音楽は聴いてきていませんでした。お楽しみは中納良惠さん。エゴラッピン(EGO-WRAPPIN')です。中納さん、デビューした当時は「音楽好きで洋楽を一生懸命真似しているけど、どこか昭和歌謡的」な妖しさが魅力でした。今では自信に満ち満ちて貫禄十分。「色彩のブルース」唄ってくれました。お元気そうで何よりでした。

18:00~ マリーザ・モンチ
ブラジルの歌姫!
12年ぶり!3回目の来日公演!私は初めての参戦です。お待ちしておりました!日本でお会いするのはもう無理なのかと思っていました!
2006年『私のまわりの宇宙(UNIVERSO AO MEU REDOR)』を図書館(!)で借りて聴いて以来、のめり込んでしまいました!単純なサンバではありません。『ザ・ビートルズの遺伝子』を感じます。きらびやか、才能に満ち溢れています。でも緻密にアレンジ、何回聴いても飽きません。

【Marisa Monte】
1989年 「Marisa Monte(MM)」 デビュー作がライブ盤 少々気負った若いモンチが聴ける

1991年 「Mais」 坂本龍一参加、アート・リンゼイがプロデュース 当時から先進・実験的

1994年 「Rose and Charcoal」 後々まで演奏された佳曲の多い傑作

1996年 「A Great Noise」 スタジオとライブ収録の問題作

2000年 「Memorias,cronicas e deciaracoes de amor」 グッとポップスに寄った聴きやすい名作

2006年 「Universo ao meu Redor」 埋もれていたサンバの曲を取り上げた企画作

2006年 「Infinito Particular」 「Universo au meu Redor」と同時発売 こちらは創造性に溢れる現代的な名作

2011年 「O Que Voce Quer Saber de Verdade」 風格漂う楽曲 完成されたモンチ・ワールド

2014年 「Verdade,Uma Ilusao Tour 2012/2013」 ライブ作 同時発売のDVDが超おすすめ

2016年 「Colecao」 他アーティストとコラボした自身のベスト・アルバム

【Tribalistas】
Arnaldo Antunes、 Caelinhos Brown、Marisa Monteによるスぺシャル・ユニット
2002年 「Tribalistas」 コマーシャルな楽しい作品

2017年 「TribalistasⅡ」 奇跡のトリバリスタス復活

来日メンバー
マリーザ・モンチ(Marisa Monte)
ダヂ・カリバーリョ(Dadi Carvalho)(b)
マルセロ・コスタ(Marcelo Costa)(ds)
ペドロ・ベイビー(Pedro Baby)(g)
プレチーニョ・ダ・セヒーニャ (Pretinho da Serrinha)(perc,ukulele)

演奏曲
1.Maria de Verdade (Rose and Charcoal)
2.Infinito Particular (Infinito Particular)
3.Vilarejo (Infinito Particular)
4.Ilusao (Colecao)
5.Danca da Solidao (Rose and Charcoal)
6.Alta Noite (Rose and Charcoal)
7.Beija Eu (Mais)
8.Velha Infancia [Tribalistas] (Tribalistas)
9.Diariamente (Mais)
10.Precio Me Encontrar (Marisa Monte(MM))
11. Carnalismo [Tribalistas] (Tribalistas)
12.A Sua (Marisa Monte(MM))
13.Ainda Bem (O Que Voce Quer Saber de Verdade)
14.Segue o Seco (Rose and Charcoal)
15.Eu Sei (Mais)
16.Carnavalia [Tribalistas] (Tribalistas)
17.A Menina Danca (A Great Noise)
18.Nao Va Embora (Memorias,cronicas e deciaracoes de amor)
19.Passe Em Casa [Tribalistas] (Tribalistas)
20.Balanca Pema (Rose and Charcoal)

Ancole
1.Amor I Love You (Memorias,cronicas e deciaracoes de amor)
2.Ja Sei Namorar [Tribalistas] (Tribalistas)

一所懸命メモ取りましたが、中原仁さんがアップしてくれていました。
2012年ロンドンオリンピック閉会式の16年リオ五輪引継式で登場したモンチ!
2017年トリバリスタスで復活し、最近のトリバリスタスのツアーは大規模会場で演奏、サンパウロでは4万5千人(!)の観客が、ライブの全編にわたり大合唱!
ところが!
今年の5月、SNSでしばらく活動を休止し充電期間に充てることを発表!
10月の日本公演は充電期間中の”特別公演”だったのでした!

モンチは和服を連想させる振袖衣裳、曲によっては華麗にステップを踏みながら唄う。
向かって右からダチ、コスタ、セヒーニャ、ベイビー。今回はダチはベース担当。皆テクニシャンで演奏が乱れない。観客の半分を占めるブラジル人は大騒ぎ!一緒に歌い、大きく手を振る!
モンチも熱唱、エネルギッシュに踊り、とてつもない感動をプレゼントしてくれたのでした。
2019年で最も感激した一日!

-年末スペシャル2019

Copyright© エヴァンス日記 , 2020 All Rights Reserved.