1965~1972

BILL EVANS TRIO ”LIVE” 日本初登場盤で聴く

投稿日:2018年12月7日 更新日:

ラウンド・ミッドナイト
LP:MV-2025(VERVE)[JPN]
好み ★★★★★

Recorded at California;1964

BILL EVANS,piano
CHUCK ISRAELS,base
LARRY BUNKER,drums

Produced by CREED TAYLOR
Recording Engineer,WALLY HEIDER
Remix Engineer,Ed Outwater

Side1
1.Nardis
2.Someday My Prince Will Come
3.Stella By Starlight
4.How My Heart Sings

Side2
1.'Round Midnight
2.What Kind Of Fool Am I?
3.The Boy Next Door
4.How Deep Is The Ocean(How High Is The Sky)

1964年に収録された、カリフォルニア・トライデントでのライブ。
エヴァンスが気に入らず一旦お蔵入りとなりましたが、
1971年に発売。
でもこのジャケット、使い回しじゃん。ちょいとかわいそう。

日本盤は3種類あります。
1972年 MV-2025  ポリドール
1981年 23MJ-3034 ポリドール
1986年 20MJ-0057 ポリドール

さて、日本初登場盤 MV-2025

エヴァンス得意のスタンダードが並びます。
いいですねえ。

いきなり「Nardis」
エヴァンス中央、イスラエルズ左、バンカー右。
ホールでの収録ですが、各楽器の分離が良く、間近かで聴いている印象。
ただ、少々ピアノのアタックが甘く、もう少し迫力があったらなあ。

「Someday My Prince Will Come」
軽やか。ヴァンガードの時より明るい雰囲気。
イスラエルズもトリオの重要なワンピース。ベースでテーマを弾く。

「Stella By Starlight」
ベースによる導入部から。相当崩した演奏なのでメロディを追えるかな。

「How My Heart Sings」
ここでのエヴァンスは快調。メリハリ効いて聴きごたえ十分。

「'Round Midnight」
何度も演奏してきた愛奏曲。ちょっとアイデアが固定化してきたかな。

「What Kind Of Fool Am I?」
愚かなりわが心。じわーっとイントロ。いいなあと思ったらスピードある演奏へ。
楽しそう。

「The Boy Next Door」
途中エヴァンスのコメントが聴こえる。なんて言っているのか。
ここでもイスラエルズにソロを取らせる。

「How Deep Is The Ocean(How High Is The Sky)」
なんかはすっ葉な「How Deep Is The Ocean」
もっと端正な「How Deep」も好き。

全体に水準以上の演奏なんですが・・・
小さな声で言いますけど・・・
何かが足りない・・・

-1965~1972
-, ,

Copyright© エヴァンス日記 , 2018 All Rights Reserved.