来日公演のすべて

ビル・エヴァンス来日公演のすべて(1976年)

投稿日:2019年2月2日 更新日:

ビル・エヴァンス・トリオ来日公演を整理する!
第3回目は1976年1月3度目の来日公演のすべて。

スイング・ジャーナル誌を参考にしています。
スケジュール変更により、事実と異なることがあるかも知れません。

来日メンバーは
エヴァンス(p) エディ・ゴメス(b) エリオット・ジグモンド(ds)

1月11日(日) FM放送『デンオン・ライブ・コンサート』生演奏(15時~15時55分)
  「Quiet Now」「Sareen Jurer」「Sugar Plum」「Turn Out The Stars」「Up With The Lark」「Minha」「T.T.T.T.」

1月12日(月) 横浜県民ホール(横浜)

1月13日(火) 郵便貯金ホール(広島)

1月14日(水) 郵便貯金ホール(東京)

1月16日(金) 大阪フェスティバルホール(大阪)
 ・ピアノ・プレイハウスとのジョイント・コンサート
  ピアノ・プレイハウスにはジョン・ルイス、ハンク・ジョーンズ、マリアン・マクパートランドが参加
 ・当日深夜、大阪南の『デューク』にゴメスとジグモンドが飛び入り。田中武久(p)とトリオで演奏。
  ひえー、聴きたかった!

1月17日(土) 金沢観光会館(金沢)

1月19日(月) 福岡電気ホール(福岡)

1月20日(火) 名古屋市民会館(名古屋)

1月21日(水) 郵便貯金ホール(東京)
 ・当日深夜、東京アオイ・スタジオでゴメスとジグモンドはデュオ演奏・録音。

1月22日(木) 郵便貯金ホール(東京)
 ・当日深夜、東京アオイ・スタジオでゴメスとジグモンドは本田竹廣(p)を加えてトリオ演奏・録音。
  この2日間の演奏を収録した作品が『ダウン・ストレッチ』。

1月23日(金) 厚生年金会館(東京)

それにしても、彼らはプロのミュージシャン。
演奏する機会があれば、積極的。演奏しているか、移動しているか。
この連日の”演奏流れ旅”は極めてジャズ的ですな。

-来日公演のすべて

Copyright© エヴァンス日記 , 2019 All Rights Reserved.